特注ラケット@ピンポン・キッズ
 卓球メーカーリンク
Butterfly
Nittaku
TSP
Yasaka
JUIC
鵜沢ネット
SAN-EI
Armstrong
JOOLA
DONIC japan
DARKER
KOKUTAKU
TIBHAR japan
PARIO
MIZUNO
asics
卓球王国
卓球フォーラム
卓球Web

 楽天セレクション!
●人気のロボポンにニューモデル

三栄 ロボポン
今回はローコストモデル

●今特に注目されているロボポン

三英 ロボポン
組立簡単で持ち運び便利!



三英 ロボポン
ターゲットサークルポンマスター



低価格卓球台はこれ!

ホーム | 接着剤・メンテナンス > スピード補助剤【プレミアムセール】スピード補助剤 クリーンチューニング
商品詳細

【プレミアムセール】スピード補助剤 クリーンチューニング

販売価格: 2,800円 (税込)
[ご注文下さい。]
加算ポイント: 200ポイント

ベルギー製 スピード増強剤 クリーンチューニング 100ml

販売価格は、会員様のみ表示されます。

※この製品には、接着効果はありません。

 

この商品は、球出し練習をする時のコーチングアイテムです。

この商品のご紹介理由を申し上げますと

コーチの負担の軽減です。

選手をコーチしたことのある方なら

大半の方が感じているリスクを少しでも軽減できるアイテムとして

売り切り商品として、ご紹介しているものです。

 

コーチのリスク

コーチの大半は、お分かりのように

球出し練習(多球練習)が多く行われていると思います。

この練習は、選手育成の効率化のため

広く用いられる練習方法です。

しかし、選手の育成が効率化されるという事は

自動的に、ラバーの消耗も大変激しくなって

プレーをする選手よりもはるかに

コーチの方がコストがかかってしまいます。

『切れない!』、『飛ばない!』は、

コーチも選手にとっても

意味のない時間を過ごすことになります。

 

リスクを分析してみました。

 

1.体力的リスク

 

2.金銭的リスク

 

 

この二つが非常に大きく、一人の選手を育成するのに

どれだけのリスクを抱えるのでしょうか?

小学校3年生の選手を、高校3年生の春まで育成するのに

8年以上

 

体力的リスクを考えてみましょう。

相手の選手が打った球の返球は、元々相手の選手が発射した打球のエネルギーがあります。

つまり、反射には力は必要ありません。

しかし、球出しは、選手に対して、自ら発射をしなければならないものです。

よって、球出しするコーチの労力は大変大きな負担になります。

※サービスの時のテイクバックの距離と、ラリー中のテイクバックの距離を比較するとわかりやすいと思います。

 

金銭的リスクを考えてみましょう。

体力的リスクを補うために、高性能なラバーを使用することは

体力的リスクを解消できる理由になると思います。

しかし、それはいつまで続くのでしょうか?

金銭的余裕のあるコーチには、大きなリスクではないかもしれません。

ですが、現実はそうではありません。

現在では、国内の商品も、海外からの商品も

比較的低価格のラバーは入手が容易になりました。

これにより、コストのリスクは下がります。

しかし、体力的リスクは解消される訳ではありません。

販売価格 5000円以上のラバーを8年間

販売価格 2000円未満のラバーを8年間 + スピード補助剤1本(×20回以上※個人差有)

 

あくまで、コーチングアイテムとしての処分商品であり

競技目的のアイテムではございません。

 

選手の人数より、コーチの人数の方が少ない卓球界です。

コーチのリスクを軽減することは、大切だと思います。

使用目的にお間違いや誤解がございませんようお願い致します。

 

 

■店長コメント■

この商品は、過去(ルール改正前)に入手をした当店の最終処分商品です。

既に、入手手段が断たれているものです。『2008年10月以前に取引不可となっております。』

当店の在庫が終了次第、完売となる商品です。その後に販売のできる商品ではありません。

※注意事項です。

スピード接着剤およびスピード補助剤の競技での使用は、

日本卓球協会より『2008年10月1日以降に開催される、全ての大会において、使用禁止』となっております。

この商品は、『接着補助剤(ブースター)』に該当します。

競技での使用はできません。








使用方法

1.スポンジアプリケーターを、ラバーのスポンジ面に押し付け、溶液をスポンジに染み込ませます。

(始めて使用するときには、時間がかかります。)

2.スポンジアプリケーターを、ラバーのスポンジ面にやや押さえつける感じを保ちながら、溶液を全体に延ばします。

3.ラバーが徐々に反り返り始めます。ラバーのスポンジ表面が乾いたら、反り返り具合を確認しながら、塗布を数回繰り返します。(最大5回程度までです。塗りすぎは、ラバー破損の原因となります。))

4.最後の塗布から少し時間を置いて、スポンジ表面が乾き、反り返りがやや弱くなってから、

接着剤または接着シートで、ラケットに貼ってください。

5.効果がなくなったらラケットから剥がし、接着剤の層を除去した後、1?2回の再塗布を行うことで、効果が戻ります。

 

※接着剤の層が残っているラバーには、効果がありません。

※クリーンチューニングの使用により、ラバーが破損しやすくなります。

ラバー破損についての責任は負いかねますので、予めご了承願います。

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス